カテゴリ:トラブル( 5 )

ディスククリーンアップ

先日、知合いの方から電話があり、「パソコンがやばぃ・・・ハードディスクの空き容量が全然ない~」と嘆いておられました。。
普段仕事でパソコンを使っておられる方なので、かなり!まずい状況の様でした。

仕事でパソコンを使っておられる方は特に!日頃からパソコンの状況を注意して見ておかないと、ホント痛い目にあいますね(涙)
バックアップや自分で簡単にできるメンテナンスなどを徹底しておけば、もしもの時、被害は最小限に食い止めることができます。

備えあれば憂いなし。

簡単にできるメンテナンスを一つご紹介します。

ディスククリーンアップです。

マイコンピュータの「ローカルディスク(C)」などのハードディスクドライブを 右クリック → プロパティをクリックします。

f0031080_023584.jpg


ここでチェックして欲しいのが、ファイルシステムと書いてある部分です。
ディスククリーンアップは、不要な一時ファイル等の削除と、頻繁に使わないファイルを圧縮するという大きく2つの機能を持っています。
ファイルシステムが『NTFS』の場合は、圧縮する機能が使えます。それ以外の『FAT32』等の場合は圧縮機能が使えません。
つまり『NTFS』の場合、より大きな効果が期待できるということです。

ディスクのクリーンアップボタンをクリックします。

f0031080_0401267.jpg


後は、実行する機能にチェックを入れ、OKをクリックします。

このパソコンの場合、概算値ではありますが、約24GBの空きを作れそうです。
[PR]
by pui-net | 2010-02-10 00:44 | トラブル

パソコンの起動が遅い WindowsXP

最近、『パソコンの起動が遅くなった』という相談がありました。(WindowsXP)

パソコンの起動が遅くなったら、「常駐ソフト」を確認してみましょう。

画面の右下に表示されている、

f0031080_11191458.jpg


これらが「常駐ソフト」と呼ばれるものです。
ここに表示されていない「常駐ソフト」も動いていることもあります。

「常駐ソフト」が増えるとそれだけ、パソコンの起動も動作も遅くなります。

不必要な常駐ソフトを起動しないようにすれば、パソコンの起動が早くなるケースが多いです。
ただし、必要な常駐ソフトまで起動しないようにしてしまうと、問題がおこるケースもあるので、多少注意が必要です。

「常駐ソフト」を起動させなくする方法は2つあります。

① スタート → すべてのプログラム → スタートアップ
  この中に入っている不用なものを右クリックし、削除をクリックする。

② スタート → ファイル名を指定して実行 をクリックする。

f0031080_1134429.jpg

msconfig と入力してOKをクリックする。

f0031080_11363951.jpg


起動させたくないもののチェックを外し、適用をクリックする。
[PR]
by pui-net | 2009-03-21 11:40 | トラブル

悲劇は突然やってくる!!

最近やたらバタバタと忙しくしておりました。

仕事やプライベートでいろいろ忙しいというのもあったのですが、
実は・・・最大の原因は・・・いつもお世話になっているパソコンでした・・・。

仕事柄、パソコンの環境や設定には気を使っています。
メインとサブ、2台のパソコンを同じ環境にして、もしもメインパソコンにトラブルが起こっても、すぐに対応できる体制を整えていました。
もちろんデータのバックアップもとっていました。

それでも・・・悲劇は突然やってくるのです!(汗

普段はメインのパソコンを使っているのですが、そのパソコンが起動しなくなったのです。
その時は、とにかく仕事が忙しかったので、サブのパソコンで仕事をすることにしました。
仕事が一段落してから、修理もしくは新しいパソコンを購入しようと思いしばらく放置していました。

メインと同じ環境のサブパソコンを用意していたおかげで、特に何の不便もなく仕事を行うことができました。

『備えあれば憂い無し!!』 

と言いたいところですが・・・・

なんと・・・

まさか・・・・

そのサブのパソコンまでが壊れてしまったのです!!

いやホント、焦りました。

とにかくなんとか急場をしのがなければ!
ということで、半引退状態でキャリーバックに収まったまま放置されていたノートパソコン(Windows ME)を引っ張り出し、一日掛かりでなんとか仕事ができる環境を作り、なんとか急場をしのぐことができました。


その後、メインのパソコンは電源ユニットを交換し自分で修理することができ、
サブのパソコンは修理に出して、(修理って結構時間かかるんですよね~ 涙)
最近ようやく、元のパソコン環境に戻りました。

とりあえず、ほっと一安心です。

そして最近、呼応するかのように?!周りで2件パソコン故障が発生し、
対応させて頂きました。


今回の一連の出来事で、『備え』は本当に大切だなと痛感させられました。

 ・ データのバックアップ
 ・ もしもの時の準備をしておく


この2点は絶対に必要です!
[PR]
by pui-net | 2009-03-01 21:08 | トラブル

IE7の不具合(アドオン)

先日、仕事で福知山に行ってきました。
その時の出来事です。

そこのパソコンはWindowsXPなのですが、ウインドウズアップデート(右下によく表示がでてくる自動でウインドウズを最新の状態に更新するやつです)を1年以上されていませんでした。
目的の作業が終了し、お茶とお菓子をいただき(太る原因・・・あちゃ)さて帰ろうかという時に、「ウインドウズアップデートはセキュリティーの関係上やっといた方がいいですよ。」という一言を言ったのが悲劇?!の始まりでした ^^;;

長期間アップデートをしていないので、かなり時間がかかりました。
(ウインドウズアップデートはこまめにしましょう)
そして・・・問題の箇所にさしかかったのです!

インターネットエクスプローラのアップデートの確認が出たのです。
ブラウザ(ホームページを閲覧するソフト)はIE6を使用されていました。
IE7にバージョンアップする確認画面が出たのですが、自分自身もIE7をよく使っており、特に問題もなかったのでバージョンアップすることにしました。
無事インストールが終了しパソコンを再起動し、IE7を起動しました。
「・・・・あれ?・・・・」
読み込み中・・になったまま動かなくなってしまうのです。
終了ボタンを押しても終了しません。

仕方なくCtrl+Alt+Deleteキーでタスクマネージャーを起動し強制的に終了させました。

悪戦苦闘の末?なんとか解決できたのですが、こういうことがあると便利さや安全性を高める為のはずのパージョンアップをするのが怖くなりますね ^^;

もし、同じような状況になられた場合は以下の手順を試してみて下さい。

① スタート → すべてのプログラム → アクセサリ → システムツール → Internet Explorer(アドオンなし)
これで、問題なく起動する場合 アドオンに不具合があると考えられます。
アドオンとは、簡単に言うと拡張機能のことで、例えばグーグルツールバーやフラッシュを見るためのものなどです。

② 一度、Internet Explorerを終了させ、再度普通に起動させて、
  ツール → アドオンの管理 → アドオンの有効化または無効化
  でアドオン管理画面を開く。

③ 一度全部のアドオンを無効化にして、InternetExplorerを再起動させる。

④ 必要と思われるアドオンから一つづつ有効化にして、InternetExplorerを再起動させて、問題ないかを確認する。問題があった場合は、そのアドオンがまずいということになります。

⑤ 問題のないアドオンを全て有効化にすればOKです。
[PR]
by pui-net | 2008-12-19 12:23 | トラブル

windowsメール 削除できない

 先日、クライアント様のwindows vista(ウインドウズ ビスタ)でメールを削除できないという現象が起こりました。
 Windowsメールで受信したメールを開こうとすると、エラーが出て開くことができず、削除しようとしてもエラーが出て消せないという状況でした。
 Vistaでwindowsメールを使っている方は、結構発生しているトラブルの様なので、覚えておかれたらいかがでしょうか。

このような状況になった場合は、マイクロソフトのオンラインサポートに書いてある方法を試してみると解決することが多いようです。

http://support.microsoft.com/kb/941090/JA/

ここの更新プログラムをダウンロードして実行しましょう。
もし、それでも解決しない場合の対処策も書いてあるので一見の価値ありです。

このサポートページのタイトルが
『Windows Vista を実行しているコンピュータで Windows メールを使用すると、送信トレイにメッセージが残ることがある』
というタイトルなので、一瞬関係ないかと見過ごしてしまいそうですが、受信メールでも、その他のフォルダーに保存されているメールでも同様に解決できます。
[PR]
by pui-net | 2008-04-06 00:05 | トラブル